用語集
Search

‘は行’ カテゴリーのアーカイブ

ホワイトフラッグ (ほわいとふらっぐ)

2010/06/13

ホワイトフラッグ (ほわいとふらっぐ)
レースによって意味合いの異なる白旗。
ロードレースでは、救急車がコース上に入っていることを表したり、
ダートトラックでは、ファイナルラップを表すのに振られる旗。

ホールショット (ほーるしょっと)

2010/06/13

ホールショット (ほーるしょっと)
決勝レースのスタート時に、1コーナーに1番早く飛び込むこと。
1番早く1コーナーに入ったライダーは、「ホールショットを取る」と
表現する。
スタートから1コーナーまでの間に各ライダーの戦いが
発生していることは間違いなく、それを制したものが、
ホールショットを取れる。

ポール・トゥー・ウイン (ぽーる・とぅー・ういん)

2010/06/13

ポール・トゥー・ウイン (ぽーる・とぅー・ういん)
決勝で1番手グリッド(ポールポジション)からスタートしたライダーが
そのまま1位でゴール(優勝)すること。
レースにおいてもっともカッコいい勝ち方。
まさにウィナーといった感じ。完全勝利ってことにもなると思う。

ペナルティライン (ぺなるてぃらいん)

2010/06/13

ペナルティライン (ぺなるてぃらいん)
ダートトラックのスタート時に、フライングなどの違反をすると、
全車が並ぶさらに後ろに引かれたライン(ペナルティライン)からのスタートとなる。
コース上の最後尾からのスタートになる。
ポールポジションを取っているライダーがペナルティとなると、
最後尾からのスタートになるので、目も当てられない。
そこからの巻き返しに期待するしかない。
ライダーにとってスタートはとても大事で、集中力が必要な場面でもある。

ペースカー (ぺーすかー)

2010/06/13

ペースカー (ぺーすかー)
耐久レースなどで、レースを止めないでコース上の
トラブルに対処する際、先頭を走る車のこと。
ペースカー進入の合図があると走行中のライダーは減速し、追い越し禁止となる。
通常はペースカーが入るときのトップマシンが先導車であるペースカーの真後ろに
ついて、それ以外のマシンは現在のコースにいる並びのまま、
後ろにつながる形で周回を続ける。
レースは進行状態にあるので、ピットに入ったりすることもできるが、
周回数はペースカーが入っていてもカウントされるので、
そのあたりが勝敗を分けることもある。
コースの安全が確認されるとペースカーがピットレーンに入り、コースアウトする。
その後、グリーンフラッグが振られるコントロールラインより
通常のレースに戻り、追い越しが許されるようになる。

ヘアピン (へあぴん)

2010/06/13

ヘアピン (へあぴん)
コーナーの入口から出口までが、
入りこんでいるようなUターンとなる部分で、
ちょうど髪を止めるのに使うヘアピンに似ていることから、
こう呼ばれる。
コーナーの角度にも差があるので一概に言えないが、
車速を落として、ターンするといったコーナー。

ブレーキング勝負 (ぶれーきんぐしょうぶ)

2010/06/13

ブレーキング勝負 (ぶれーきんぐしょうぶ)
サイド・バイ・サイドの戦いとなった場合などで、
ストレートからコーナーへの入り口に向けてのブレーキを
どこまで遅らせてかけるかといった勝負。
ブレーキ性能によってもこの勝負どころに差が出てきたりするが、
トップカテゴリーとなると、ライダーの技量もほぼ同じなため、
気持ちの勝負である割合が高いのもこのブレーキング勝負。
ブレーキを遅らせすぎたために、コーナーを曲がりきれないなんてこともある。
逆に、ブレーキング勝負に勝ち、そのまま前にでることもある。

ブラックフラッグ (ぶらっくふらっぐ)

2010/06/13

ブラックフラッグ (ぶらっくふらっぐ)
その名のとおり黒旗。
走行中のライダーに向けて、ゼッケンとともに出される。
なんらかの要因で、ピットに戻れというサインである。
指定されたゼッケンのライダーはすみやかにピットに戻り
スタッフの指示をうけることになる。
出されて気持ちのいい旗でないことは確か。

フライング (ふらいんぐ)

2010/06/13

フライング (ふらいんぐ)
正規のスタートを待たずにスタートしてしまうこと。
ジャンプスタートと同意。
ペナルティの対象となる。

プライベーター (ぷらいべーたー)

2010/06/13

プライベーター (ぷらいべーたー)
メーカー直系のチームではないチームの総称。
そのプライベーターの中には、ショップであったり、レーシングチームであったり、
個人参戦であったりといろいろなものがある。
レースの世界では、時にワークスに勝つプライベーターが現れたりするので、
資金力や技術力で劣っているとされるプライベーターの活躍は、
応援したくなるものである。